Loading...

Yostar Plus|たくさんの面白いを届けるメディア

2022年5月2日Yostarを知る

4月27日(水)Webマーケティング職 オンライン説明会を開催しました!説明会でお寄せいただいた質問を一挙回答!

4月会社説明会

新年度から1ヶ月たち、大型連休に突入しましたね!皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

株式会社Yostarでは、大型連休に入る前、2022年4月27日(水)に中途採用/第二新卒向けにWebマーケティング職オンライン説明会を開催しました!

今回の説明会では会社概要やマーケティング部門に関する説明のほか、マーケティング部 部長の實川昴太さんが登壇し、日々の業務について紹介しました。

ご参加頂いた皆さん、ありがとうございました。

オンライン説明会でいただいた質問を一挙回答!

説明会では、質疑応答コーナーを設けていたのですが、参加者の方々からたくさん質問をお寄せいただき、時間内にお答えできなかったので、この場を借りて回答させて頂きます。

QUESTION1~7まではWebマーケティング職について、QUESTION8~15までは採用に関する質問にお答えしています。

まずは、Webマーケティング職についての質問です!

A.まずはWeb広告運用者として一人前になることを目指していただきます。

Web広告運用を習得すると一通りの「広告」への考え方が身に着くと思うので、その後はWebマーケターとしてWeb企画を考えてエンゲージメントを稼ぐ企画を考えたり、屋外広告、TVCM等他の広告媒体に触れていく道もあります。もちろん両方をやっていただくことも可能です。

資格については特にないです。知識・経験についてはTwitterに関しては日常的に触れておいてください。
広告媒体としても、コミュニティとしても、Twitter活用は大前提になることが非常に多いです。

 

A.一部メンバーを除いて、担当タイトルに振り分けられています。
ただし、担当タイトル以外に手を出すな、という方針にはしていません。
担当外でも気づいたことは言うし、企画を立てることも可能な状況にはしています。

メンバーはマーケティング部全体だと30人弱。
年齢層は20代中ごろから40代前半まで在籍していますが、ほとんどが20代~30代前半です。

 

A.各業界それぞれマーケティング手法が違うので、どこの業界と比較するかにもよります。

分かりやすくWeb広告の話をすると、弊社はアプリゲームの会社です。なので、他の多くの業種と違ってWeb広告から直接商材にターゲットユーザーを引き込むことが可能です。
そして購買行動もアプリ上で行われるので、ユーザーのスマホ上で全てが完結するというのが一つの違いと言えます。

業界内の強みで言うと、「スピード感」だと思います。ありあふれたワードですが、いくつかのゲーム会社を見てきた中で間違いなくこの会社がスピード感があります。また分かりやすくゲーム・アニメ好きを外部に強く押し出せるのも特徴です。

広告的な話をすると、インハウス運用を実現していることです。国内のゲーム会社でもインハウス運用を実現している会社はいくつかあると思いますが、ここまでインハウス運用体制が整っているのは珍しいと思います。

 

A.今回のWebマーケティング担当採用だと最重要項目になります。

ただ年数自体はそこまで重要視をしておらず、どちらかというと「広告」「マーケティング」というものを理解できているか、考えられているかという点を重要視しています。

ゲーム業界経験はなくても大丈夫です。
Webマーケティングを担当するプロモーションチームには前職がゲーム業界出身のメンバーは現状いません。各々自分の前職の経験・知識だったり、オタク趣味を通じて理解したユーザー感情だったりを有効活用して成果を出してくれています。

 

A.広告クリエイティブに関しては原則社内のデザイナーチームで制作しています。ただし、どのような訴求で、どんなイメージで、どのキャラを使って等の広告設計はプロモーションチームの方で行います。

極まれに他社に依頼することはありますが、本当に稀です。

少なくともWeb広告のジャンルにおいては外部委託しているものはほぼ無く、社内でできることは社内で完結しています。

一部社外でやった方が利便性が高いものに関しては社外に出していますが、ここでは省きます。

 

A.元々、實川部長もWebマーケティングは素人の状態で業界には入りました。また、プロモーションチームの現リーダーも同様です。第二新卒の方は、前向きに、アグレッシブに、分からないことを分からないままにしない、向学心を持つ等の心構えをしていれば大丈夫です。

あとはどうしても数字を扱う仕事なので、数字に対して苦手意識を持っていないというのも重要です。
入社後はある程度座学でWeb広告の仕組み等を学んでもらった後はOJTになります。

先輩上司から具体的な運用法を学び、広告に対する知見を深めて欲しいです。その後はWebマーケターとしてWeb企画を考えてエンゲージメントを稼ぐ企画を考えたり、屋外広告、TVCM等他の広告媒体に触れていく道もあります。もちろん両方をやっていただくことも可能です。

 

A.ゲームのグッズ企画は業務内容には含まれません。ただし、提案することは可能です。また都度やるキャンペーンで出すキャンペーングッズ等は考えることになります。

運営とは日常的にコミュニケーションを取りますし、開発者ともタイトルによって頻度や接触の仕方は変わりますが、関わる機会はあります。

 

いかがでしたでしょうか?続いては、採用に関する質問にお答えしていきます!

採用に関する質問

A.可能です。ただし中途採用の場合は、ご自身のスキルや職歴とマッチングしないご応募は書類通過の可能性が低いです。

A.書類のご応募から内定までの期間は平均して1~2ヵ月程度となりますが、選考状況により変動する可能性がございますのであくまで目安となります。

また、選考フローは職種ごとに異なりますので弊社HPの採用情報からご希望職種の募集要項をご確認下さい。

A.職種によっては可能です。

A.弊社の業務に支障をきたさないなど、規則を順守していただければ可能です。

 

A.基本的には職種ごとの募集となりますので、ご入社頂いた業務に専念して頂く形となります。

ただし、ご自身のスキルや部署とのマッチングなど、総合的に判断して部署異動を指示することがあります。また、異動の希望を出すことも可能です。

A.試験の公平性を保つため事前に内容のお伝えはしておりません。

A.応募する職種により必要とされるビザの種類も違いますのでご不明な場合は個別にお問い合わせください。

なお、弊社ではビザの取得支援も行っておりますので、取得の資格を満たす方であれば、職種に適合する就労ビザを取ることも可能です。

A.今後の開催予定につきましては、決まりましたら、弊社ホームページや公式Twitterにてお知らせいたします。

 

 

いかがでしたでしょうか?少しでも参考になりますと幸いです。

現在、Yostarでは、Webマーケティング職をはじめ、さまざまな職種の採用を実施中です!
ぜひみなさんのご応募お待ちしております!

 

  Yostarの採用情報はこちら!